秘密情報の取扱について - テープ起こしとデータ入力の京都データサービス

秘密情報の取扱について

京都データサービスでは、テープ起こし・データ入力業務に関わるスタッフ全員について機密保持契約を締結し、業務上知り得たお客様の情報に関する守秘義務の遵守を徹底しています。
ご依頼やお見積もりに際してお預かりしたデータやファイル類は、弊社データ管理ガイドラインに基づいて管理の上、業務完了後速やかに廃棄いたします。お客様の個人情報/企業情報等につきましても、関係法令を尊守の上、適切に管理いたします。

また、書類の廃棄についてはA4用紙を3000片以上(一般的な業務用クロスカットシュレッダーの2倍以上)に裁断するマイクロシュレッダーを導入し、セキュリティを確保しています。

なお弊社では京都市内の大学院生を中心とする契約スタッフのネットワークを機動的に活用することで高品質・短納期・低価格を実現しておりますが、裁判や知的所有権などの法務関係、プライバシーに関わる案件、その他お客様からのご要望がある場合など、高度に機密性を求められる案件に関しては専属社員スタッフのみで遂行いたします。
また必要であれば基本秘密保持契約(NDA)を締結させていただくことも可能です。原則として追加費用等は発生しませんので、気兼ねなくお申し付けください。

秘密保持契約書例

こちらが弊社で用意しております秘密保持契約書のテンプレートとなります。
内容については柔軟に追加/変更可能です。またお客様側でご用意していただいた内容・様式での契約も可能ですので、必要に応じてご相談ください。
PDFダウンロード